SL瑞浪シリーズ第6戦

SL瑞浪シリーズ第6戦です。昨日の台風19号で日本中大荒れのお天気で、関東中心に大きな被害が出ているようで、亡くなった方もいるという中、カートのレースに来ていていいのか?ちょっと気が引けてしまいます。昨日の前日の公式練習は中止になって、当日一発勝負のレースになりました。父は諸事情あって朝寝坊してしまい。瑞浪のコースに着いたのは、練習走行時間の50分前でした。昨日は1日たっぷり時間があったので、すぐに走り出せる準備をしていたので何とか間に合いました。朝は風が少し残ったものの、台風一過の澄んだ青空の下でのレースになりました。
今日の練習走行は特別に15分でした。ソータローはなんと1番タイムでした。練習とはいえ一番は気分がよくて、気持ちよくタイムトライアルへ。しかしタイトラは5位。3分の短い時間でタイムを出さないといけない訳ですが、位置どりも悪く、力を発揮する前に終わってしまいました。これが実力か!速い子はどんな状況でもタイムを出してくるんですよね。結局、前にいるのはソータローより速い子で、成績も出ている子です。まあ、そこにアタックする為にわざわざ遠いところまでレースに来ているので、これからが頑張りどころ。で、今回のレースは6周だけの予選です。スタート自体は無難にこなしたと思いきや、2、3コーナーを回った時には最下位に!よくあることとはいえ「なんでやねん⁈」って感じでした。そこから遅い子たちを捌くのに手間取り、前に追いつくのがやっとで、1台抜いて最後にまたやられて結局2人がペナルティーを受け、順位がくり上がり6位でした。スタートからいいとこなしで、あっという間に終わってしまいました。スタートから1周目の失敗が全てに響いた感じだったので、父が撮っていたスタートの動画を何度も見直して決勝に挑みました。決勝は予選に続いて真ん中の6番グリッドからのスタートでした。今度こそはと思う父の願望は一瞬にして消えてしまい、5コーナーにはまたドンケツで入っていきました。あーあ!またやってしまいやがった!と目が点でした。そこから2人抜いてからは何度もチャンスがあったにも関わらず抜ききれず、10周目の5コーナーでインに突っ込んで行って、少し接触して失速してしまい。前と少し離れてしまいました。その差は埋めれず9位でチェッカーでした。気合で突っ込んだところは褒めたいところですが。全くレースになっていない最悪の結果でした。本人も口を真一文字にして戻ってきて「全て解ってるから何も言うな!」的にこちらを黙って睨んでました。ソータローも今日はカートはよくできいたのは解っていたように思うんで、逃げ道が全くなかったかも・・(今までカートが悪くてもそのせいにはした事は一度もないソータローです。念のため)今回も父とソータローでなかなか上手く噛み合わない感じで惨敗でした。何度チャレンジしても上手く行かない結果に、黙ってしまうふたりでした。こうも上手くいかないと、しんどくないんか?苦しくないんか?投げ出したくないんかと、まだまだ子どもで、小さいココロが押し潰されないか心配になってしまいます。父はそんな事を考えてしまうくらい悪い精神状態です・・運動神経もいいし、頭もそんなに悪くない。いつかは必ずまともに戦えるはず。そこにたどり着くまで根気よく根気よく我慢我慢で頑張るしかないんでしょうね!父がイヤになるか?ソータローがイヤになるか?ふたりの我慢比べてみたいになってしまってますわ!ん〜いつになったら一線で戦えるになるのか教えてほしい?


64E13355-F16A-4212-9FD6-EE46BB1DD7CB.jpeg
E98DF198-874D-4BDD-9206-2BCB12D54347.jpegC603F581-E114-4B9C-99DB-C8D1EB1D9437.jpegB10FCED6-5029-49C1-840B-BD7009FBC504.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント